お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ

阿弥陀仏のお話

4月 24th, 2018

 

 

「痩蛙(やせがえる) 負けるな一茶 是(ここ)に有(あり)」

江戸時代後期に活躍した俳人、小林一茶の有名な句です。

やさしさとユーモアに満ちた句を生涯2万句も詠んだ一茶は

50歳を前にすべての歯を失ってしまったとか。

「歯ぎしみの 拍子ともなり きりぎりす」

これは、歯がまだ健在だった頃の句にちがいありません。

そして月日が過ぎ、最後の一本の歯が抜けてしまうと

自らの気持ちをこんな句に託しています。

「歯が抜けて あなた頼むも あもあみだ」

歯をすべて失ってようやく、噛むことの大切さを悟ったのか

あとは阿弥陀仏の慈悲にすがるしかないと

さすがの一茶も心細くなったのでしょうか。

                    (8020推進財団 歯の豆知識より)

Leave a Reply


Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ. All rights reserved.