お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ

乾燥のお話

1月 10th, 2018

空気が乾燥すると風邪をひきやすくなったり

お肌が荒れやすくなるように

口が乾燥すると、口の中のむし歯菌や歯周病菌などの細菌が繁殖しやすくなり

粘膜や舌が荒れる、歯肉に炎症が起きて腫れて痛むなど

お口のトラブルが起こりやすくなります。

歯周病は、糖尿病などの全身的な疾患リスクを高めますので

歯周病菌を繁殖させないことが大切です。

こまめに水分を取る、キシリトールのガムをかむ

マッサージで唾液腺を刺激して唾液の分泌を促がすなどで

口をうるおすよう心がけましょう。

寝ている時に口を開けっぱなしにならない

鼻呼吸テープなども活用すりと良いです。

乾燥がひどい場合には、口の潤いを保つ湿潤剤を活用するのも効果的ですよ!

Leave a Reply


Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ. All rights reserved.