お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ

 

東北大学とNTTドコモは

生活習慣病や歯の喪失を引き起こす歯周病を早期発見できる社会をめざし

歯周病発見AIの共同研究を2019年4月1日より開始することを発表した。

研究グループは、スマートフォンで歯茎を撮影するだけで

歯周病かどうかを判定できるAIの開発を目指すという。

この技術が確立されれば、自宅や会社などで

歯周病のリスクを把握することが可能となり

早期の歯科受診などによる

重症化を防ぐことにつながることが期待できるようになるという。

なお、研究グループでは、2022年度をめどに歯周病だけではなく

顎関節症や口腔がんなど他の口腔疾患も発見可能にし実用化を目指すとしている。

                        (マイナビニュースより)

開発途中の今はお口の中を鏡でチェック!

口腔がんなど心配な方はご来院ください。

One Response to “歯周病発見AIのお話”

    avatar
  1. o

    毎日お茶と乳酸菌を摂ることによって、陰陽五行を整えることです。医食同源で頭がよくなります。すべての病気が改善します。つまりクエン酸サイクルです。歯は臓器とつながっているので削ってはいけない。天に棄物なし、つまりかみ合わせがずれ体が歪むだけです。拡散希望します。kokoro-karada-seishinをすべて参照してください。外科は調和を崩すのでよくありません。薬は草冠に楽と書くので、楽にならなければなりません。苦しいのは破壊です。酸化しているのです。還元でなければいけません。つまりクエン酸サイクルです。私がブラッドパッチを作りました。骨格がずれて固まってしまうので害になるだけです。

Leave a Reply

Extra Column

You can fill this column by editing the index.php theme file. Or by Widget support.

Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ. All rights reserved.