お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ

言い伝えのお話

7月 6th, 2018

 

古今東西、歯にまつわる言い伝えや記述は

いろいろな形で残されています。

例えば古代エジプトのパピルスには

すでに歯みがきの処方について記述がありました。

インドでもあのお釈迦様が

「朝はやく起き、虫食いのない木を使って歯をみがきなさい」

と啓蒙していた痕跡があります。

当時の仏典にこのような記述があることから

お釈迦様の言葉として伝えられてきたといいます。

ところで、「歯をみがく」という考え方は

仏教の伝来とともに日本に輸入されたそうです。

6世紀の中頃に輸入された仏教がやがて平安朝のころになると

加治祈祷の儀式で人心を得た密教にも発展

その儀式のなかに楊枝の儀式というものがあって

それが民間への歯みがき奨励に大きな役割を果たしたと伝えられています。

このように、歯みがきは時代を超え

民族を超えてその大切さが伝えられてきたようです。

Leave a Reply

Extra Column

You can fill this column by editing the index.php theme file. Or by Widget support.

Web Design Bournemouth Created by High Impact.
Copyright © お歯なしにならないお話 杉山歯科医院院長ブログ. All rights reserved.